私が武芸を目差すきっかけになった戯画は人間生の虎の巻になっています

それは、梶原はじめ騎スクリプトの「空手阿呆はじめお代」だ。極真空方策の創始者です大山ダブルら総帥の半生を描いた劇画だ。
連載当時は、ブルースリーの空手フォトと相まって、我が国している時に空前の空手ホットを巻き起こした劇画だ。
連載当時は、わたしはまだしている時学徒だったために、主要人間パブリックが大暴れ講じるステージにしか、視線がわかなかったのですが、本日、大人間になって読み返してみると、当時と違う強み方がとれる気がします。
例えば、柔道家である木村政彦との交友関係を描いて起こるステージだ。
当時、わたしは柔道に全く視線が無く、木村政彦との交友関係を描いたステージはあまり、視線がわかなかったのですが、高校生時代に柔道をする様になり、木村政彦がどれだけ強かった仕事場、母親の疾病治療費の為に、彼がプロレスに参画することになったことを知ると、こういうグッズお喋りに描かれて要る木村政彦という人間の人間生の重量を感じ取ることが、あらためてできました。
また、わたしはキャンパス時代に極真会館に入門して、空手阿呆はじめお代に登場した手本の元で、苦労を始めたこともあり、こういう漫画にさらに愛着を持つようになりました。
現在、残念なことに、大山ダブルら総帥の没後、極真極真会館は大分裂をし、かつての輝きを失ってしまいました。わたしは、こういう劇画を掴むたびに、大山ダブルら総帥の元で、極真空方策を学べた好運を思い起こします。押忍!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です